中性脂肪の基準値と高い場合のリスク

健康診断やふとしたキッカケで血液検査をした時に「中性脂肪」の数値が高いと判断されることがあります。今まで無関心だった人も、検査で中性脂肪の数値に問題があれば気になってしまう事でしょう。

そこで、中性脂肪の数値に問題があった場合についてココでお話をしていきたいと思います。検査結果が気になっているあなた、この機会に中性脂肪についてしっかりと学んでみてはいかがでしょう。

中性脂肪の数値

一般的な基準値というのが30~149mg/dlという範囲になっています。血液検査をするのは、早朝の空腹時が1番適切だと考えられます。というのも、中性脂肪というのは食後30分から上昇が始まり、4~6時間で最高潮に達しますので食事をしていない早朝が望ましいのです。

血液検査で150~249mg/dlという数値が出た場合には要経過観察になり、250mg/dl以上という数値が出た場合には精密検査という事になります。250mg/dl以上になると中性脂肪を減少させる為の治療を始める事にもなる可能性があります。

異常があった場合何があるのか?

中性脂肪の数値に異常があった場合には、下記の病気を疑います。

  • 高値:脂質異常症、糖尿病、甲状腺機能低下症、肥満
  • 低値:甲状腺機能亢進症、肝臓病、栄養障害

これらの病気になっているとは限りませんが、放置しておくと症状が出てきてしまう事もあります。予備軍になっている可能性が高いという事です。

体はどうなっているのか?

中性脂肪が高い場合には「肥満・運動不足・飲酒」などが原因となっている事がとても多いです。当てはまる人は、このような生活を続けていると「動脈硬化」を引き起超す可能性が高くなります。そして動脈硬化から、心疾患や脳疾患を引き起こしてしまうのです。

つまり、中性脂肪が高い場合には体が危険だという信号を出していると考えてもらいたいのです。

中性脂肪は基準値内に収めましょう

様々な病気の引き金となってしまう中性脂肪ですから、数値は基準値内に収まるように心がけてください。数値に異常があると診断された場合には、医師と相談をしながら自分でも出来る事を考えて生活を改善していく必要があります。

このページの先頭へ