中性脂肪対策に効果的な運動と適切な強度

中性脂肪は運動不足によって増加する事が考えられています。つまり、毎日適度な運動をしていれば中性脂肪は増えにくくなるということが分かります。運動が嫌いな人や運動不足の人はたくさんいる事でしょう。

重い腰を上げることになるかもしれませんが、出来る範囲で行う事ができる事を探してみましょう。どういった運動をしたら中性脂肪を減らす事が出来るのか、ご紹介したいと思います。

中性脂肪を減らすなら有酸素運動

1番効果のある運動というのが、有酸素運動になります。たった1回だけでは意味はありませんが、毎日継続していく事で中性脂肪を減らす事に役立ちます。

体の中で脂肪が燃焼されることで中性脂肪が増えないようにコントロールしています。その脂肪燃焼の効率をアップさせることが出来るのが、有酸素運動なのです。

有酸素運動はキツイというイメージを持っている人は多いかと思いますが、実はそうでもないのです。1日に20~30分程度のウォーキングでも効果があります!つまり何時間もキツイ運動をし続けることは無いということです。

おすすめの有酸素運動は水泳

中性脂肪が気になる人の中には、肥満体型という方もいらっしゃいます。また足が悪いなどの問題を抱える人も少なくありません。そこでお勧めなのが、水泳です。

水の中にいると、足などに大きな負担をかけずに運動を行う事ができます。そしてゆっくりと水の中を歩くだけでもかなりの運動量になります。効率よく運動が行えるので、水泳はとてもお勧めです。

どのくらい運動すればいいのか

毎日30分程度の有酸素運動をするのが理想ではありますが、1週間に3~4回程度行えれば問題はありません。1回につき30分は行ってもらえれば、有酸素運動をした意味が出てくるでしょう。体調が悪い時や忙しい時に、無理に運動をするのはやめましょう。

精神面にも良い影響

運動をするというのは、気分転換やストレスの発散にも効果があります。中性脂肪を減らすためだけではなく、日々の疲れやストレスを癒すためにも良い影響を与えてくれます。

健康的な体を手に入れる為には、精神面でも良い作用をもたらす運動は無くてはならいものなのです。

このページの先頭へ