中性脂肪とコレステロールは何が違うの?

中性脂肪の話をするときには、コレステロールという言葉もよく一緒に出てくるかと思います。中性脂肪=コレステロールと思っている人も少なくないでしょう。しかし、実際にはこの2つの脂肪というのは違う作用を持っているので「別物」と考えてもらいたいのです。

それでは中性脂肪とコレステロールには、どんな違いがあるのか見ていきましょう!

脂肪の種類は4種類

まず覚えておきたいのが、人間の体に存在している脂肪の種類が4種類だという事です。中性脂肪、コレステロール、脂肪酸、リン脂質という4つの脂肪が存在しています。このことから中性脂肪とコレステロールが違う種類だという事が分かります。

中性脂肪

トリグリセライドという別名があり、エネルギーとなって活用されます。

コレステロール

ステロイドホルモンと胆汁の材料となる脂肪で、細胞膜を構成する成分。

脂肪酸

体を動かす、生きるために必要となるエネルギーとなって活用されます。

リン脂質

細胞膜を構成する成分であり、疎水性物質の親和性をキープする役目を持つ。

上記の事から分かるのは、中性脂肪はエネルギーとして働く性質を持ち、脂肪細胞に貯蓄されていく脂肪の種類になるということ。またコレステロールは、ホルモンの材料になる脂肪の種類となるということです。

コレステロールの種類

コレステロールには善玉と悪玉の2種類が存在しています。善玉を「HDL」といい、悪玉を「LDL」といいます。

名前の通り、悪玉コレステロールは体に悪影響を及ぼすものとなっていますので、増やさないようにするのが重要です。悪玉のLDLコレステロールが増えてしまうと、動脈硬化の原因にもなります。

中性脂肪の増加でコレステロールに異変

中性脂肪が増えすぎてしまうと、善玉コレステロールは減少していき悪玉コレステロールが増えてしまいます。中性脂肪が増えるとコレステロールにまで異変を及ぼしてしまうということです。

全く異なる働きをする、違う種類の脂肪ではありますが両者には密接な関わりがあるという事が分かります。

このページの先頭へ