中性脂肪を下げるサプリの選び方

食事内容の見直しや、運動を習慣にすることが中性脂肪を下げるセオリーです。しかし、この王道の方法は、決して楽ではありません。

食べるのが好きな人にとって、まず食事制限はつらい。運動に関しても、普段運動をしない人であれば、ケガを招くこともあるし、高齢の方なども難しくなります。

食生活の改善や、運動が出来ない。続かない場合は、トクホやサプリを活用して、中性脂肪対策をしていきましょう。

中性脂肪への効果が期待できるトクホ

コレステロールの減少や脂肪燃焼効果などに対するトクホもありますが、中性脂肪に対しての効果が期待できるトクホも存在しています。どういった成分が含まれているのかというと、DHAやEPA、モノグルコシルヘスペリジンと言ったものです。

お茶や炭酸水などとして有効成分を配合した状態で販売されています。

有効成分について

モノグルコシルヘスペリジン

ヘスぺリジンというポリフェノールの1種があるのですが、これは水に溶けない性質となっています。水に溶けやすい状態にする為に、グルコースとヘスぺリジンを結合させると「モノグルコシルヘスペリジン」になります。

ポリフェノールの1種なので、抗酸化作用があります。血流を促進する作用や血圧への作用などが期待できる成分です。その為、中性脂肪の減少にも効果が期待できるとされてトクホ活用されています。

DHAとEPA

青魚に多く含まれている脂肪酸の1種で、血液をサラサラにする作用があります。血液や血圧への作用などが見られることから、中性脂肪を減らす効果も期待されています。

食事でも摂取出来る成分ではありますが、十分な量を摂取出来ないことが多いので、このようなトクホといった商品で摂取できるのは手軽であり安全でもあります。

サプリメントで中性脂肪を減らす

ドラッグストアやスーパー、コンビニや通販など様々な場所で手軽に購入が出来るサプリメントで、中性脂肪をコントロールしていく事も出来ます。

食事療法や運動療法などをしながらその効果を補う為に、サプリメントを活用するというのが目的だという事を忘れないようにしましょう。サプリメントだけで、中性脂肪を減少させることが出来るわけではありません。

効果的なサプリメントとは

DHAやEPAを配合したサプリメントはとても効果的なので、メインとして活用できます。他にもビタミン類や大豆イソフラボン、食物繊維などのサプリメントが効果的です。食事では摂取しきれなかった分を、これらサプリメントで補ってあげましょう。

脂肪肝には肝臓に良い成分が効果的

肝臓に中性脂肪が溜まった状態なのが脂肪肝です。中性脂肪の数値が高い場合は、脂肪肝も患っていることが多いです。基本的には、中性脂肪を減らせれば、肝機能の方も改善されていきます。

ただ、サプリを選ぶ際は、脂肪肝に対して効果的な成分というものがあります。オルニチンやタウリンなどが、その代表です。お酒をよく飲む人の場合は、肝臓のケアも含め、脂肪肝サプリも検討してみると良いでしょう。

薬で中性脂肪をコントロール

病院で検査をした結果、中性脂肪の数値に問題があるという場合に処方される薬があります。最初は食事療法や運動療法を提案されますが、それらの方法が難しいという場合には、医師が薬の処方を判断します。

どのような薬を処方されるのか?

コシンレスラール、コレキサミン、コレスチラミン、コレバインロレル、ベザトールSR、ペリシット、メバロチン、リバロ、リピトール、リポバス、ローコールなど。

気を付ける事

中性脂肪を下げる為の薬にはもちろん副作用があります。効果的な薬もたくさんありますが、それに伴って副作用が出てくる事も頭に入れておかなければいけません。効果が強力なものほど、副作用も強力なものとなるというのが薬です。

サイト概要

中性脂肪への作用が期待できるものとして「トクホ」が挙げられます。CMなどでよく耳にしますが、トクホってなんなの?と思っている人も居ることでしょう。なんとなく体に良いものというイメージがありますが、それ以上に詳しく知っている人も少ないでしょう。

では、トクホについてと中性脂肪への関わりについてお話を進めていきたいと思います。

特定保健用食品を略してトクホと呼ばれています。これは特定の保健効果が期待できるという食品に対して与えられた名前です。どういった効果が得られるのかを、メーカー側が消費者庁に提出をします。その根拠や安全性を認めたモノに対して、トクホという名前が与えられます。

このページの先頭へ